金仏壇について

金仏壇は、基本的に漆塗り(他の仕上げの場合もあります)で金箔や金粉を施したお仏壇です。漆塗り、彫刻、錺金具(かざりかなぐ)、蒔絵など伝統的な技術を用いて作られます。現在の主な国内産地は、秋田、名古屋、彦根、京都、大阪、広島、川辺などです。

金仏壇は、ほとんどは浄土真宗系の宗派で用いられます。少数派として浄土宗や禅宗様式のものなどもあります。内部の荘厳は西方極楽浄土を表現していますので、金箔や彫刻、金具、蒔絵などで美しく飾られます。
例えば浄土真宗本願寺派(お西)と、真宗大谷派(お東)では、お仏壇の意匠や使われる仏具が異なりますので、注意が必要です。当店では3階に金仏壇専用フロアーを設け、多数展示しております。仏具も各宗派の法式にかなった飾り付けをお勧めしております。