お盆について

お盆

お盆の行事は、お釈迦様の十代弟子の一人である目連尊者が、死後の世界で苦しんでいる亡き母を救う為にお釈迦様に教えを請い、その教えの通りに供養をしたことによって母が無事に救われたというエピソードに由来しています。
そしてお盆には先祖の霊が各家に帰ってくると信じられるようになり、報恩感謝の気持ちを込めて精霊に供養する行事となりました。
静岡周辺では、7月か8月の13日から15、6日までがもっとも多く行われています。13日の夕方までにお墓参りをし、迎え火を焚き、お仏壇に精霊棚を設けてお寺さんに棚経をあげてもらいます。16日(15日)には送り火で精霊を送ります。初盆(新盆)のお宅は、他の檀家さんよりも早いうちに棚経に回るご寺院様が多いようです。

初盆

初めてお迎えするお盆を初盆といいます。(基本的には、まだ亡くなったばかりで四十九日の法要が済んでいない場合は、次の年のお盆が初盆になります)
はるか昔に亡くなったご先祖さまにくらべ、つい最近まで家族の一員だった方に対し追慕の気持ちが強く、特別にもてなしたい心から初盆の習慣が始まったと思われます。

盆提灯

初盆を迎えるお宅には、初めて精霊として帰ってくる故人を、華やかに迎えご供養する意味で、親戚や子供、親しかった友人等から盆提灯を贈り、お供えする習慣が古くからあります。盆提灯の絵柄は、秋の草花が代表的で一番多く描かれています。

飾り方

地域によって様々ですが、静岡周辺では下に置く大内行灯(おおうちあんどん)を1対、盆飾りの前に供え、(場所の関係で1個しか飾れない時は1個でもかまいません)上から吊り下げる岐阜提灯を1個、同じ部屋の窓に近い場所に飾るお宅が多いようです。

飾る時期

初盆のお宅は7月に入るとすぐに飾るお宅が多い。(7月のお盆の場合)

価格の相違

本体の材質、火袋が一重か二重張りかの違い、絹張・和紙の違い、寸法などで決まってきます。

価格帯(本体価格)

吊提灯  ¥9,000- ~ ¥30,000- 位
大内行灯 ¥10,000- ~ ¥35,000- 位

家紋入り提灯

家紋入りの提灯は受注してから家紋の書入れをしますので、日数を要します。
家紋入り提灯は展示見本以外はカタログからお選びいただきます。

家紋入提灯受注の目安

【7月のお盆】
7月の初めまでに必要な場合: 6月20日頃まで
7月10日位までで良い場合: 6月25日頃まで

【8月のお盆】
8月の初めまでに必要な場合: 7月15日頃まで
8月10日位までで良い場合: 7月25日頃まで

行灯に明かりを灯して迎えるお盆は、ほんとうに情緒あふれる日本ならではの風景です。
ぜひ次代に伝承していってほしい習慣です。

商品紹介

大内行灯 二重紅華10号

¥27,000-(税込)

高さ:71cm ×直径:30cm
スイッチ付電気コード

御所提灯 絹張木彫

¥21,600-(税込)

高さ:45cm × 直径:30cm
スイッチ式LED型ローソク電池灯

プリエールS(一対入)

¥10,800-(税込)

高さ:11cm × 直径:8cm

プリエールM(一対入)

¥14,580-(税込)

高さ:17cm × 直径:7.5cm

 

 現代行灯小「デンファレ」

¥19,440-(税込)

高さ:56cm × 径:24cm